FC2ブログ

溶岩の中はゲームまみれ

ゲーム好きのテラビモスが綴るブログ。普通の日記を書いたり、ゲームを紹介したりするブログです。

スポンサーサイト
--/--/--(--) --:--

タグ:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ最近発売されたゲームを紹介part1 - スーパーマリオオデッセイ
2018/05/08(Tue) 22:39

テーマ:ゲーム/Nintendo Switch
タグ: ゲーム紹介  Switch  マリオ  アクション  任天堂 

↑本記事のサムネ用にSwitchのドット絵を描きました。
サムネ用のSwitchドット絵の画面比がおかしいだって?んなもんなんとなくSwitchに見えればそれでいいんだよぉ!!

というわけでこんばんは。最近はあんまゲームやってないけどゲームの申し子ことテラビモスです。
このブログ、レトロゲームを紹介や、(記事作成時点では)最新ゲームのレビューはやってるんですが、ここ最近発売されたゲームの紹介はあまりやったことがない(過去にやったかもしれないのでこの表現にしておきます)ので、本日から『ここ最近発売されたゲームを紹介するぜ』と題して、個人的にレトロゲームの範疇としないゲームを紹介するコーナーを始動しようと思います。

記念すべき第1回目に紹介するソフトはNintendo Switch用ソフト『スーパーマリオオデッセイ』(任天堂、2017年10月27日)です。

オススメ度:★★★★★
※オススメ度は、『このゲームは面白い、みんなに是非遊んでもらいたい』という気持ちを5段階で表現してみたものです。塗りつぶされている星が多いほどオススメのゲームということになります。

『スーパーマリオサンシャイン』以来、実に15年ぶりの箱庭マリオ。クッパとピーチ姫の結婚式を阻止すべく、主人公マリオが「キャッピー」と名乗る帽子の相棒とともに世界を冒険する3Dアクションゲームです。

今回の冒険の舞台は世界中の様々な国。マリオらしい世界観の国もあれば、「ニュードンクシティ」といった、一風変わった雰囲気の国もあります。それぞれの国で奏でられるBGM、そして、旅行を感じさせるUI等の作り…マリオを動かす楽しさは本作も健在です。

操作体系はここ近年の3Dマリオに準拠していて、ヒップドロップ・走り幅跳び・壁キックなどおなじみのアクションが可能なほか、操作方法は変わっていますが、『スーパーマリオサンシャイン』以前の作品で見られた飛び込みといった、復活したアクションもあります。

そして、本作の新アクションであり、キモともいえるアクションが今回マリオの相棒となるカプロン人「キャッピー」を使ったキャプチャーアクション。操作方法はYボタンまたはJoy-Conを振るだけと実にシンプルで、敵にぶつけるとダメージを与えられるほか、特定の敵またはNPC・オブジェクトにぶつけるとその敵に乗り移る(キャプチャーする)ことができ、その敵が持つ能力を使うことができます。

例えば、クリボーをキャプチャーすると氷の床の上でも滑らなくなったり、敵クリボーの上に乗ることでクリボータワーを作ることができ、高い場所へ登れたり…といった活用ができます。

基本的にはZLまたはZRボタンを押してキャプチャーを解除するまで永遠にキャプチャーし続けることができますが、恐竜など、巨大な敵は例外で制限時間を過ぎるとキャプチャーが解けてしまいます。

キラーをキャプチャーして谷を超える、ハンマーブロスをキャプチャーして壁を壊す、岩にキャプチャーして岩をどかすといった感じで、攻略には欠かせないアクションとなっています。

キャプチャーアクション以外の新アクション…というか乗り物なんですが、本作では、バイクに乗ったり、ライドン・バスと呼ばれる生き物に乗って移動したりする場面があります。この2つの乗り物、結構操作感覚が独特で、これらの乗り物を駆使してムーン獲得を目指すサブステージもあります。

新アクション以外でも、今までの作品から変わっている部分がたくさんあります。

まず、残機制が撤廃され、ゲームオーバーがなくなりました。ミスした場合、ペナルティはコインが10枚没収され、中間ポイントに戻されるだけ。これだけ見るとヌルゲーなんじゃねーのと思う方もいるかもしれませんが、本作は『スーパーマリオギャラクシー』シリーズ同様最大ライフは3(ライフUPハート取得で6)と少なく、回復方法もハートを取るか、後述するムーンを獲得するかのみ(さらに言うと、ハートによる回復は1目盛りだけ)となったため、これまでと同様の緊張感でゲームを楽しむことができます。

本作で集めることになるのはスターではなく、ムーン。これまでの作品では、手に入る個数が最大でも242個でしたが、本作ではその数が尋常ではありません。マリオ達が冒険する国々のいたるところに散りばめてあり、ホイホイと手に入ります。その数なんと800個以上。この数を聞いてうげぇとなった人もいるかもしれませんが、クリアに必要な数はその1/8にも満たないため、クリアだけを目指したいプレイヤーはご安心を。ちなみに、本作では、店でムーンを購入することができるのですが、条件を満たすと在庫が無限となるため、コインさえあれば獲得し放題になります。表示できる個数の限界である999個までムーンを集めると…?

『スーパーマリオサンシャイン』以降、選択したミッション以外のシャインまたはスターは手に入らないというのが基本で、攻略の自由度を狭めているという意見もありましたが、本作にはそもそもミッション選択がないため、攻略の自由度は『スーパーマリオ64』より高いといえます。もちろん本道のムーンも設定されていて、次の目的地も目印を用意してわかりやすくしているため、寄り道してしまって本筋がわからなくなってしまうなんてこともありません。

また、ムーン以外の収集要素として、マリオの衣装があります。本作では、各国に1つずつある店でコインを使って衣服を買うことができ、店内やオデッセイ号の中にあるクローゼットで好きな衣装に着替えることができます。新しいものもあれば、ファンをにやりとさせる衣装など多種多様な衣装が用意されています。大量のコイン(ひどいものだと本作カンスト枚数である9999枚)を必要とする衣装があるため、面倒くさい部分はありますが…。ムーン獲得に必須となる衣装に関しては全て各国独自の通貨であるローカルコインで済むのが幸いです。

あと、プレイ中の好きなタイミングで停止して、あらゆるアングルから撮ることができるスナップショットモードも本作の魅力の1つです。視点移動・拡大縮小・回転・フィルタといった機能、画面サイズをスマホ用にして撮影できるなど、結構本格的です。本当に旅をしているような感覚をウリとした本作にピッタリの機能と言えるのではないでしょうか。

コイン稼ぎが面倒だったり、とある場面でムーンを手に入れるために黙々とAボタンを押さなければならないなど、不満点もないわけではないですが、マリオを自由自在に動かす快感は損なわれておらず、さらに衣装変更要素やボーカル曲の追加等豊富な新要素で近年浮き彫りになりつつあったマンネリ感を見事に打ち払った、マリオシリーズの中でもトップクラスの出来の作品だと思います。近年のマリオ作品のマンネリ感により、マリオ作品から離れた人や、初めて3Dマリオシリーズを触る人にも是非遊んでほしい作品です。

以上、Nintendo Switch用ソフト『スーパーマリオオデッセイ』の紹介でした。今度実家に帰った時にでも、スクショをこの記事に貼り付けようと思います。
関連記事

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://terabimos.blog.fc2.com/tb.php/1021-8671e1a8

«前の記事  | ホーム |  次の記事»

カレンダー

« | 2019-01 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

現在の時刻



日() 

月別アーカイブ

カテゴリ


カウンター


カウント開始:2013/06/10
今、人が閲覧していますよ♪

ブログランキング


このブログを面白いと思った方は、クリックしてください。一つ一つのクリックが管理人の励みになります。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
863位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
166位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

テラビモス

テラビモス

ゲーム大好きです。やっているゲームの機種は任天堂寄りで、レトロゲームもほどほどに遊びます。

さらに詳しく ≫


FC2Ad

最近の記事

タグクラウド

ツイート


フォロー大歓迎です!私の趣味に合う人ならほぼ100%フォロバします。ポケモンの対戦や交換の申し込みもお気軽にどうぞ。それ以外でも気軽に声をお掛けください。

最近のコメント

最近のトラックバック

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。